メニュー

アメリカ不動産投資の魅力Attractiveness of American real estate investment

資産運用を効率良くするためには

近年の資産運用とは利殖だけでなく効率的に資産を形成することが求められています。
これまで資産運用をするには提供されている様々なサービスを比べ、それらのリスクやリターンについて思案されていたのではないでしょうか。
これからの資産運用は収入や各種資産を含めてどのように配分して資産を運用するかという基本的な部分から始まります。
まずは資産運用の種類から紹介していきます。

1. 資産運用の種類

資産運用は、大きく「貯蓄型資産運用」と「投資型資産運用」の2つに分かれます。
それぞれの資産運用方法について、簡単にご説明します。

貯蓄型資産運用Savings asset management

代表的な貯蓄型資産運用には

  • ・普通預金
  • ・外貨預金
  • ・定期預金
  • ・貯蓄預金

などがあります。

貯蓄型資産運用には利率が低いものの元本を確保しやすい投資商品が豊富にあります。
銀行への預金も貯蓄型資産運用の一つで安全に現金を運用したい時に利用されます。
貯蓄性の高い保険商品もここに分類されます。

投資型資産運用Portfolio investment

代表的な投資型資産運用方法には

  • ・株式取引
  • ・投資信託
  • ・外国為替証拠金取引
  • ・不動産投資

などがあります。

投資型資産運用にはリターンが見込めるものの利益の幅がぶれるためリスクが高いと言われています。投資型資産運用では元本が保証されている金融商品はありません。

資産運用と言っても貯蓄型資産運用の様に元本保証もある運用方法もあれば、投資型資産運用のように元本保証がない運用方法もあります。
資産運用にどの手段を用いるかは慎重に選択をしなければなりません。

2. 資産運用のコツ

貯蓄型資産運用と違い、投資型資産運用を選択する場合は資産を減らしてしまう可能性もあるため慎重に行う必要があります。
そのため投資型資産運用を成功させるためには手堅いと思われる投資対象を見つけ出し投資をすることが必要です。
しかし無限に思える投資商品の中から手堅い投資商品を見つけ出すことは困難です。
そのため資産運用を成功させるには有望な投資商品を見つけることが出来るプロを味方につけることが重要なポイントです。

3. 資産運用のプロとは

上述の通り、有望な投資商品の選択にあたってはプロの目が必要と言えます。
当社は、資産運用の中でも「海外不動産投資」に特化しています。

なぜ国内ではなく海外不動産投資なのか。

端的に説明すると日本よりも経済成長の余地が広く残されている国が海外に多く存在しているため、
経済活動の根幹に当たる住宅が、その中でも集合住宅を含む不動産の需要が、高まる見込みがございます。
そして、利回りと需要の高い物件を選べば、安定した家賃収入を得ることができるため、不動産投資は初期費用さえあれば株式投資や外国為替証拠金取引など、他の投資商品と比べて手堅い投資方法であると言えます。
そのため当社では「海外不動産投資」をご提案し、そのアドバイザリーに特化しております。
さらに詳細を知りたい方は「海外不動産への投資をおすすめしている理由」を参照ください。

投資家のニーズに合わせた資産運用

「海外不動産投資」は専門家が少なく、投資家のニーズに応えられていないのが現状です。
投資家のニーズに合わせて資産運用に「海外不動産投資」を選択することが当たり前な時代になるように、当社は取り組んでおります。

また、当社では機関投資家、PM会社(不動産管理会社)、物件所有者、有力ブローカー(不動産仲介会社)らとの直接対話による独自のルートでの非公開投資案件の先行入手により有利な投資機会の立案が行えます。
物件数も豊富に揃えており、お客様一人ひとりに合った物件をご用意しております。
会員登録は無料ですが、会員様限定の情報もございますので、ぜひ一度会員限定サービスをご利用ください。

投資物件検索
会員登録